SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Boe Wien News Blog

オフィスボウ・ウィーンの最新ニュースと、
世界各地で起きている出来事について語ります。
ザルツカンマーグートの夏
  6月はオーストリアに滞在していました。ほとんどの時間をウィーンで過ごしましたが、1週間ほどアルプスのふもとまで足を伸ばしました。

 訪れたのはザルツカンマーグートという地方で、ザルツブルクに近い塩の産地です。日本人には映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となったあの湖沼地帯ですよ、と言った方がわかりやすいかもしれません。マリア先生と子どもたちが「ドレミの歌」を歌ったあの風景が広がっている地域です。

 そこで過ごした6月のある日、滞在した家にマキが届きました。この地方では夏のうちに次の冬の暖房用のマキを業者から購入するのです。その量たるやトラック2杯分です。きこりのおじさんがトラックで運んでくるのです。この家ではそのマキを庭に建てたマキ小屋に保存し、冬になると少しづつ取り出して暖炉にくべるのです。トラックで運ばれたマキの写真をご覧ください。

マキ1 
 どうですか?結構な量だと思いませんか?これをマキ小屋に運ぶ作業は一家総出で行われます。場合によっては友人の家族にも助っ人を頼みます。

 
 と言うのも、山積みになったマキを天気が良いうちに小屋に運ばなければならないからです。もしも夕方になって雨でも降って来ようものなら、マキは濡れて乾くまで使い物にならなくなるからです。

 
 手前に手押し車があるのがわかるでしょうか?この日は2台の手押し車でマキを小屋に運ぶ作業に明け暮れました。もちろん私も手伝って大いに汗をかいたわけです。



マキ2

マキ3 
 こちらが運搬先の「マキ小屋」です。真ん中にあるのは電動式マキ割り機。届けられたマキは太く大きいので、使いやすくするためにマキ割をしなければなりません。


 手ごわいマキを割ってくれるのがこの電動マキ割り機です。もちろんオノも常備されていて、柔らかいマキはオノで割ることもあります。







 ただ、オノでマキを割る作業というのは、かなり労力を要求されるのです。衝撃に耐えるだけの鍛えられた筋肉が必要です。


 そういうわけで一般家庭ではこのような電動マキ割り機も使われているのです。


福島の原発事故以降、日本では夏の電力不足や冬の暖房への不安が話題になっています。
でも、ここオーストリアでは、ほとんどの家庭に夏のクーラーはありません。そして冬の暖房はこうして計画的植林によって需要に見合うだけのマキが供給されています。ちなみにオーストリアに原発はありません。1970年代に国民投票で原子力禁止法を成立させたからです。

日本では、一部の原発推進論の中に「現在の経済規模を維持するためには原発が必要だ」という意見が見受けられます。しかし世界を見れば、それほど贅沢をしなくても自然の恵みを少しだけ分けてもらいながら、心豊かな暮らしをしている人々がたくさんいます。

6月のある晴れた日、マキ運びを手伝いながら「これからは、こういう情報も日本に伝えて行きたい」と思いました。


 

| - | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
戦争の話を聞かせてください
オフィスボウ・ウィーン制作の新しい作品をご紹介します。

テレビ朝日、報道ステーションでシリーズ企画として放映される特集「戦争の話を聞かせてください」です。この企画は「戦争の記憶を語り継ごう」という、私を含む数人のスタッフの思いが結実したものです。その思いとは・・・

父から息子へ、祖父から孫へ、自分が体験した悲惨な戦争を語り継ぐ・・・。
これまで幾度となく繰り返された大切な行為が、戦争体験者の高齢化により、失われる日が近づいています。その前に、話を聞いておきたい・・・。という思いです。

父母が存命中のスタッフはまだ自分の父や母に聞くことができますが、既に父母を失ったスタッフにはそれもままなりません。同じことが全国のあらゆる家庭で進行中です。だからこそすべての視聴者の家庭で、もしも可能なら、肉親から戦争体験を直に聞いてもらいたい。それがこの企画のメッセージです。

kuroda garden


今回私たちは、埼玉県在住の黒田千代吉さんを取材しました。孫の泰子さんに語る壮絶な戦場体験は、話を聞くものに深い印象を残します。上の写真は黒田さんの家の庭先です。

kuroda san

ご出演していただいた黒田さんと孫の泰子さんです。

kuroda camera

庭の盆栽に囲まれてカメラをセットするカメラマンです。当日は大小3台のカメラで収録しました。

このシリーズ企画は5月3日にスタートし、私が担当した第2回は6月2日の放送予定です。
内容はテレビ朝日のHPにもアップされますので、ぜひご覧ください。

http://www.tv-asahi.co.jp/hst/special/



| - | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
東日本大震災後の日本
 skytree

東日本大震災から1ヶ月が過ぎた日本を訪れました。写真は東京の浅草です。右手にスカイツリーが見えます。着々と工事が進むスカイツリーを見ていると、この国があの恐ろしい大震災と津波に襲われたことを忘れてしまいそうです。

riverboat

















駒形橋からスカイツリーを眺めていたら、まるで宇宙船のようなボートが隅田川を海に向かって走って行きました。地上デジタル化の象徴であるスカイツリーと宇宙船のようなボート。浅草の伝統的な風景と超近代的な建造物の融合は、欧米における日本のイメージそのままです。

伝統と技術の素晴らしさ、それがこれまでの日本のイメージでした。しかし3月11日以降それが大きく揺らいでいます。福島第一原子力発電所の事故とその後の対応が世界に不安を与えているからです。3月11日以後の日本は、もうそれまでの日本とは違ってしまっているようです。

nonukes1

4月24日芝公園に4500人もの人々が集まりました。脱原発を目指す市民の集会です。福島から避難してきた女性が涙ながらに事故後の状況を語りました。エネルギー政策を見直して危険な原発に頼らないで済む様な社会を作りたい。参加者たちの思いは切実のようでした。

nonukes2

集会の後4500人は中部電力と東京電力本社に向かってデモを行いました。中部電力には浜岡原発の即時停止を求め、東京電力には福島の事故への誠実な対応を求めました。いま全国で同じような脱原発社会を求める市民の動きが活発になっています。

nonukes3

3月11日以降の日本はもう今までの日本と違います。でもそれは単に悪い方向に向かっているだけではありません。これまで無関心だった人々が原発について考え、そして震災の被災者への支援をひとりひとりが真剣に考え始めてています。

これまで閉塞状況が続いていた日本の社会。東北の大きな悲劇をきっかけに、いま日本は新しい時代への扉を開けようとしているのかもしれません。久しぶりの日本でそう感じました。
| - | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3.11東日本大震災
津波日本地図2011年3月11日、日本の東北地方が大きな地震に見舞われたというニュースはすぐにヨーロッパに伝えられました。当初マグニチュード8.9と伝えられた規模もさることながら、海底を震源とする地震だったことが津波による大きな被害をもたらす結果となりました。
津波警報は地震のたびにありましたが、いつも数10センチ程度のもので、村や町を飲み込むような大津波になるとは想像もできませんでした。












その恐ろしさを知ったのは、津波が町を飲み込む様子を空から撮影した映像がテレビに配信されたときです。スマトラ沖地震の時にも堤防を乗り越える津波の映像は伝えられましたが、今回日本を襲った津波はそれを上回るものでした。
映像は、津波が堤防を超えて道路や畑や自動車を飲み込んで広がって行く様子を映し出していました。














ニュースはさらに重大な事態を伝えました。福島にある原子力発電所が危険な状態に陥ったというのです。震災と津波が起こってから、ヨーロッパのテレビは繰り返しその映像を流しました。しかし原発事故が報じられると、ニュースの内容は原発事故の深刻さを伝える内容に時間を割くようになって行きました。
福島原発の映像はスリーマイルやチェルノブイリの記憶を思い起こす不吉なイメージとしてヨーロッパを駆け巡りました。













日本の金曜の午後に起きたこの災害を詳しく伝えたのは、週明けの新聞各紙でした。
テーマは大きく二つ。まず大津波のもたらした悲惨な被害の全容、そして原発事故の深刻さでした。
14日のウィーンの新聞スタンダードでは大きく紙面を割いて原発事故の実像に迫りました。福島原発の原子炉の立地と内部の構造をCGやイラストを使って解説し、それぞれの原子炉で起きた爆発などの状況を伝えました。












ロイター配信の上空からの写真に加えられた見出しは「連鎖反応との戦い」。14日付のこの新聞からきょうで既に2週間と4日になりますが、戦いはまだ勝利に至っていません。
この2週間ヨーロッパでは福島原発の状況を新聞やテレビで詳しく伝えてきました。原発を復活させようとしていたドイツのメルケル首相は、すべての原発の停止と計画の見直しを発表。それでも各地で行われた反原発デモには25万人が集まりました。

オーストリアは既に70年代に国民投票で原発を廃止しました。一方フランスは世界でも有数の原発大国です。

同じヨーロッパでも原発に対する考え方は様々ですが、どの国も「福島の戦い」を注視していることだけは確かです。迅速な対応で収束させることを強く望みます。







| - | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
移民の時代を迎えるヨーロッパ
 オフィスボウ・ウィーンが制作した最新作についてお知らせします。

番組は「こだわりライフヨーロッパ」。
サブタイトルが「スキーがつなぐ移民の子ども」。
放送は2011年3月2日18時から18時20分まで。
NHK BS1 で放送されます。

今回の主人公は、オーストリアの小学校の校長先生です。スザンヌ・ショスヴェンダーさんはオーストリア・アルプスのスキーリゾートとして知られるツェル・アム・ゼーの町で生まれ、小学校で教師として経験を積み小学校長になりました。

彼女が教師として教育に取り組み始めた頃から、移民の子どもたちが増えて行きました。それに比例して生徒の間での暴力やいじめも増えて行きました。その原因の一つが移民の子どもたちがスキーを知らなかった事です。


オーストリアの小学生はスキーが出来て当たり前。しかもここはスキーリゾート、歩き始めたらスキーをしているような土地柄です。でも移民の子どもは両親もスキーをしない家庭がほとんどで、こうした文化の違いがいじめなどにつながっていたのです。
そこでショスヴェンダーさんが考えたのが、移民の子どものためのスキー教室。小学校1年生でスキーの経験がない移民の子どもたちに、スキーの特訓教室を開催する事にしました。スキーを通じて子どもたちがどのように成長するかを描きました。

今回の取材は12月と1月の2回に分けて行いました。スキー教室の取材だけではなく、その後の子どもたちの成長ぶりを作品の中で描きたかったからです。
移民の子どもたちのがんばっている姿とそれを見守る先生の思いを通して、「移民の時代」を迎えたヨーロッパの「いま」を感じ取って頂きたいと願っています。

いずれは日本も「移民の時代」を迎えるのでしょうから。
| - | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年もよろしくお願いします。
2011年、明けましておめでとうございます。
皆様にとってこれからの1年が実り多い良き年になるようにお祈り申し上げます。
そして今年もオフィスボウ・ウィーンをよろしくお願いいたします!

ヨーロッパでは今年から様々な料金が値上げとなります。ガソリン、公共交通費、光熱費などなど。基本的には去年からのインフレ傾向が続いています。ものの値段が上がり、年金の受給年齢も上がり、あまり明るい正月とは言えません。デフレの続く日本の状況が不思議な感じです。

でも日本では菅直人政権が新たな消費税増税の議論を始めようとしています。
様々な財源を、果たして消費税の増税によってまかなうべきものなのか、それとももっと無駄を減らして行って消費が冷え込まないようにしながら財源を確保できる方法は無いのか?史上初の本格的な政権交代を成し遂げた民主党政権が、その正念場を迎えているようです。

現在の政権はマニフェストや政権公約の見直しを唱え始めていますが、
それだったら解散して国民の信を問うのがスジではないか?とも思います。

また、消費税に関してはヨーロッパ各国で、日常的に生きる上で必要なものとそれ以外の嗜好品に分けて課税率を変えるなど、弱者救済のセーフティネットが敷かれています。こうした点ももう少しじっくりと情報を集めてから、一般の国民に理解を得るべきではないでしょうか?

菅政権が今後どうなるかわかりませんが、
「国民の生活が第一」というキーワードは忘れないで欲しいと思います。



 
| - | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2010年大晦日を迎えて
 今朝、自宅の窓から見える公園の木々が真っ白になっているのが見えた。
樹氷だ。外に出るとぐっと気温が下がっていることがわかる。
頬にあたる冷気が痛いようだ。

ウィーンは静かな大晦日を迎えた。
東京の様子は分からないが、大きな事件や事故もなく新年を迎えようとしているようだ。

今年2010年の大晦日は、21世紀の最初の10年を満了する日でもある。
果たして人類は21世紀になってから進歩したのだろうか?

日本では、初めての本格的な政権交代の真価が問われるはずの1年だった。
しかし民主党政権の迷走や権力争いで無駄な時間が過ぎた。

チリの炭鉱落盤事故や尖閣諸島中国船衝突事件などでは、
職務に忠実なものを襲った事件で政治家のとるべき態度が問われた。

政治が迷走している反面、ノーベル賞受賞やはやぶさの活躍など、日本の科学技術が捨てたものではないことを教えてくれた。

北朝鮮の韓国への砲撃は衝撃的だった。
中国を核としたアジア情勢の今後を真剣に考えさせられる出来事だった。
アメリカとの付き合い方、沖縄米軍基地移転の問題もからみあっている。

どうにも解けない知恵の輪のような状態で、日本は新しい年を迎える。
新年早々通常国会は波乱含みだ。
来るべき年が、日本と世界の普通の人々の生活が脅かされないで、人類の将来を明るく展望出来る年となるように期待したい。

今年はオフィスボウ・ウィーンがスタートした記念すべき年。
これから先の10年を考えながら力強く第一歩を踏み出して行きたい。

Boe Wien News Blogを読んでくださっている皆様、今年は大変お世話になりました。
2011年も皆様にとって良い年でありますように。
そしてこれからもBoe Wienをよろしくお願いいたします。 
| - | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ヒースローからの脱出
パディントンのツリー少し遅くなりましたが、クリスマス・ツリーの写真をお届けします。これはロンドン市内のパディントン駅構内のクリスマス・ツリーです。私がロンドンを訪れたのは12月17日のこと。オーストリアのアルプス地方でのロケを控えて、打ち合わせのためロンドンに飛んで来ました。17日のロンドンは厳しい冷え込みを感じさせましたが、市内に雪は既に無く、市営交通網も、一部のストライキを除いて正常に機能しているように見えました。

bandパディントンの駅構内ではお年寄りが中心になったパデントン・バンドが、行き交う人々へのサービスのためかクリスマス・ソングを奏でていました。列車を待つ人々や通りかかった人々が足を止め演奏に聞き入っていました。なんともロンドンらしい平和な年末の風景でした。

oxfordst.ところが翌18日のロンドンは大雪。写真はお昼ごろ訪れた「ロンドンの銀座」オックスフォード・ストリートです。雪が降り続ける道路に車の轍が出来ています。ウィーンで暮らす私の目には、これは不吉なサインに映りました。轍が見えるということは除雪車が走っていないことを意味するからです。ふとこの日の夜ウィーンに出発する予定の私の脳裏に不安がよぎりました。
「ヒースロー空港は大丈夫だろうか?」

Kingly streetこちらはオックスフォード・ストリートから一歩入ったキンングリー・ストリート。パブやブルースバーがあるお気に入りの通りですがご覧の通りすっかり雪に覆われてしまいました。雪というものは太陽が照り気温が上がらない限り融けることはありません。融けない雪は除雪車か人力で取り除かない限りいつまでも存在します。午後になって私宛に「ヒースロー閉鎖」の第一報が入りました。それから4泊5日の闘いが始まりました。


heathrowヒースロー空港の滑走路の除雪作業の遅れから、予約した便がキャンセルになりました。空港には航空会社のスタッフも出勤していないため、乗客は自分でホテルを探し翌日の便を予約するしかありません。しかしせっかく新たに予約した便も、また翌朝キャンセルされてしまいます。空港側が発表するその日のフライト予定をにらみながら、ホテル、そして翌日の便の予約。4日間その繰り返しを余儀なくされました。ついにヒースロー空港には簡易トイレとテントも登場。行き場を失った旅行客がテントに収容されていました。

幸い私は予定していた便から数えて4日目の22日に、ミュンヘン行きの便でヒースローを脱出することが出来ました。ロケにはなんとか間に合いましたが、予定が大幅に狂ってしまいました。

雪の経験が少ない地域が雪に弱いのは仕方のないことですが、今後もこうした「異常気象」が予想されるだけに、様々に研究を重ねて万全な対応をお願いしたいと思います。 
| - | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ウィーンに大雪
ここ数日ウィーンは大雪に見舞われています。
こちらはいつもの通勤路です。秋には枯葉、初雪の時にも写真をご紹介しましたが、比べてみるとかなりの雪の量だと分かります。









道路沿いの門柱に積もった雪の量で大体の降雪量がわかりますが・・・20センチくらいでしょうか?










屋根付きのガレージを持たない人の車はご覧の通り。こうなると車を出すまでに雪かきをしなければなりません。いつもより1時間早く家を出る必要が生じます。








でもウィーンは市営交通網がしっかりしているので大丈夫。路駐の車はそのままにして皆市電や市バスで仕事に出かけます。市電の路面やバス通りは夜の内にしっかり除雪してあります。








さて、恒例のオフィスの窓から見える中庭です。
そのうち雪だるまが登場するでしょう。






| - | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ウィキリークスを巡る考察
 ウィキリークスがアメリカの外交文書を大量に公開しました。
中には日本とアメリカの間に交わされた外交文書も含まれており、これから物議をかもしそうです。

ウィキリークスは、これ以前にもイラク戦争に絡むアメリカの軍事情報や映像を公開して話題を呼びました。代表者のジュリアン・アサンジュ氏はオーストラリア人でハッカーだったと言いますが、現在はスウェーデン当局によって性的暴行容疑で国際指名手配をされており本人は容疑を否定しています。

日本の外務大臣を務める前原氏は、ウィキリークスについて、「国家の情報を盗んで公開するなどもってのほか」と切り捨てました。菅首相も「情報流出の仕方が問題だ」と不快感を示しています。でも、果たしてそうでしょうか?菅氏や前原氏のコメントはアメリカの外務大臣にあたるクリントン女史の気持ちを代弁しているようにしか聞こえません。

このブログで何回も指摘していますが、いま、時代は「情報の時代」へと突き進んでいます。情報というのは常に玉石混淆で、本当に大切な情報をどうやって掴むかがメディアにとっても、一般の視聴者や読者にとっても大変重要です。その能力はメディア・リテラシー(読解力)とも言われています。

さてウィキリークスですが、彼等のしていることは果たして菅首相や前原大臣の言うような「問題」でしょうか?私はそうは思いません。本来、こうした各国政府の秘密事項をすっぱ抜くのは報道の仕事でした。報道=ジャーナリズムの世界でも、これまで様々な形で権力に対する闘いがありました。1970年代の「大統領の陰謀」で知られるワシントンポスト。日本ではスキャンダル雑誌と言われた「噂の真相」がありました。

私はワシントンポストも噂の真相も「権力に闘いを挑んだ」という意味では同じように評価できると思っています。一般大衆の上に君臨し税金で国家の運営を司るのが権力者です。でもその権力者は、民主的な国家においては、国民の信任を得た上でその権力を行使しているはずです。権力者が権力を「自分の実力だ」と勘違いをしてもらっては困ります。その力はあくまでも国民の信任を得て付託されているものです。だとすれば、権力者は常にメディアと国民の監視の目にさらされていなければなりません。権力者がその権力を好きなようにふるいながら、毎晩枕を高くして寝ているようでは困るわけです。

そう言う意味で、かつての「噂の真相」や現在の「ウィキリークス」が果たしている役割は決して間違っていないと思います。

アサンジュ氏を国際手配してまで逮捕することが得策かどうか、スウェーデン当局に再考を促したいと思います。

| - | 03:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |