SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Boe Wien News Blog

オフィスボウ・ウィーンの最新ニュースと、
世界各地で起きている出来事について語ります。
<< 今年もよろしくお願いします。 | main | 3.11東日本大震災 >>
移民の時代を迎えるヨーロッパ
 オフィスボウ・ウィーンが制作した最新作についてお知らせします。

番組は「こだわりライフヨーロッパ」。
サブタイトルが「スキーがつなぐ移民の子ども」。
放送は2011年3月2日18時から18時20分まで。
NHK BS1 で放送されます。

今回の主人公は、オーストリアの小学校の校長先生です。スザンヌ・ショスヴェンダーさんはオーストリア・アルプスのスキーリゾートとして知られるツェル・アム・ゼーの町で生まれ、小学校で教師として経験を積み小学校長になりました。

彼女が教師として教育に取り組み始めた頃から、移民の子どもたちが増えて行きました。それに比例して生徒の間での暴力やいじめも増えて行きました。その原因の一つが移民の子どもたちがスキーを知らなかった事です。


オーストリアの小学生はスキーが出来て当たり前。しかもここはスキーリゾート、歩き始めたらスキーをしているような土地柄です。でも移民の子どもは両親もスキーをしない家庭がほとんどで、こうした文化の違いがいじめなどにつながっていたのです。
そこでショスヴェンダーさんが考えたのが、移民の子どものためのスキー教室。小学校1年生でスキーの経験がない移民の子どもたちに、スキーの特訓教室を開催する事にしました。スキーを通じて子どもたちがどのように成長するかを描きました。

今回の取材は12月と1月の2回に分けて行いました。スキー教室の取材だけではなく、その後の子どもたちの成長ぶりを作品の中で描きたかったからです。
移民の子どもたちのがんばっている姿とそれを見守る先生の思いを通して、「移民の時代」を迎えたヨーロッパの「いま」を感じ取って頂きたいと願っています。

いずれは日本も「移民の時代」を迎えるのでしょうから。
| - | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。